【ハウス育苗】電熱線での苗床作り/簡単バージョン(ノ`・∀・)ノ

電熱線での育苗

2月中旬、東北地方はまだまだ寒いですが、

4月上旬の葉物の定植を目指していますので、

促成栽培的な、電熱線でのあったかい育苗を行います~


■電熱線育苗の設計

電熱線育苗の設計

土を掘って、断熱素材を下に引き、土でサンドイッチして、電熱線をはさみます。

火災にならないよう、断熱素材と電熱線の間の土は3cm以上にしてください。


 ■電熱線設置の手順

電熱線設置の手順

1.ベースとなる穴を掘ります。

2.断熱素材を埋める。

3.断熱素材を土で覆います。

4.電熱線を設置します。

5.電熱線を土で覆います。


 ■準備するもの

1.道具

水平 レーキ

レーキ

2.電熱線関係、電気コード(ドラム)

電熱線一式 電源コンセント ドラム

電熱線(左:電源コンセント、中:温度センサー、左:電熱線)、ドラム


■苗床作りの内容

1.穴掘り

電熱育苗 土堀り IMG_1403

ある程度彫って、レーキで水平にならします。

2.穴埋め/断熱素材の設置

IMG_1410 IMG_1415 IMG_1416 IMG_1414

断熱用の素材、ここでは発泡スチロール(180cm×90cm×0.5cm)→¥400、

足りなかった分は”稲の籾殻(もみがら)”を使用!!

3.穴埋め/断熱素材を土で覆う

IMG_1417 IMG_1419

ぱっこ、ぱっこ、土をかぶせてから、

レーキでならします。

4.穴埋め/電熱線の設置

IMG_1431 IMG_1432 IMG_1433 IMG_1434

電熱線をいい感じで配線します。

電熱線のセパレータ(区切り)は、竹とかが安いし、絶縁だし、良いと思います。

5.穴埋め/電熱線を土で覆う

IMG_1444 IMG_1446
IMG_1447  IMG_1450

IMG_1452 IMG_1453

さらに土をかぶせて、レーキで水平にして、出来上がりです。


その他

IMG_1440 IMG_1443 IMG_1445 IMG_1449

配線は、電気工事士がないと、してはいけませんよ、ビリビリするから~。

ちなみに私は第二種電気工事士もってますw

以上!! (制作時間:約120分、文字数:約600文字)


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加