【稲作23】収穫前/調整設備の見学(・ω・`)

05.収穫_調整

近年、我が家の米が、カメムシ被害で、30%ぐらいが2等米になっている状況の中、、

タイミング良く、知り合いの米農家の方に、、

「今年買った、色選、見に来ないかぁ?」

と言われたので、、見学に行ってきました~(´・ω・)


1.色彩選別機

IMG_5984

色彩選別機、、通称「色選(しきせん)」!!

この写真のシキセンはクボタの選別王Ⅱとう代物で、価格は定価¥250万ぐらいだったと思います~(´・_・`)

このシキセンを詳しく説明すると、、

◆役割

玄米になった米をさらに品質向上させます!

・異物の削除(石、ガラス、土など)

・変色した玄米の削除(白乳米、カメムシ被害の米など)

◆価格

各種ありますが、¥200万以上~です。

◆導入メリット

1.出荷時の1等米率を向上させます↑↑

2.防除(殺虫)の資材費を減らせます↑↑

◆導入デメリット

1.エアドライアー付きコンプレッサーが必要になります。。

2.電源が増えるので、電気工事、電気の契約量変更などが発生する場合があります。。

・本体:750wぐらい

・コンプレッサー:2200wぐらい

◆導入をお勧めする農家

①調整乾燥の作業委託を受けている農家は、お客さんの収穫物を品質向上させるサービスになりますので、顧客満足度向上、かつそのサービスを受けたくて新たに作業委託を依頼される可能性があります!!

② 5ha以上の農家の方は、少なからず米の収入に頼って経営されていると思いますので、リスクヘッジのため導入すれば、売上げ予想のズレを少なくできるので、良いと思います!!

◆シキセンのメーカー

①クボタ

メーカーのページ

・クボタ信者が多いのか、私の町では使用している農家が多いです。これを買っておけば2015年現在、間違いなさそうです~☆

②静岡製機

メーカーのページ

・クボタ製品のOEMです、外見が違うだけで中身は「色選王」と同じです。静岡製機のサポートが好きならこちらを買いましょう!

③サタケ

メーカーのページ

・口コミを聞かないので、良いのか悪いのか解かりません。。ただ、クボタとは選別方式が異なっているそうです。

◆もし、私の家で買うなら・・

「クボタ 選別王Ⅱ」を買うと思います!!

理由は、使っている方が「いいねぇ!!」と言うのと、クボタの販売店が近いという点です!

詳しく、説明したいんですが、詳しくないんで、、

皆さん、近くの農家の方の口コミを聞いてご購入の材料にしてください~(・д・`)


2.フレコン自動計量機

IMG_5982

フレコンで出荷するための設備である「フレコン自動計量機」です!

メーカー:タイガー

組合・法人などで使っている本格的なものではなく、簡易的なものなので¥100万ぐらいで購入できます!!

紙袋(30kg)の出荷より、効率よく調整作業ができますので、自治体の出荷がフレコンに対応している、且つフォークリフトを持ている農家の方は、そろそろ導入をされてはいかがでしょうか??

うちでも、検討しています(´-ω-`)

以上!!


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加