【稲作3】育苗/種もみ準備/水つけ作業(* ‘ω’)ノ

01.育苗(種)

米の種に芽だしをするため、催芽(さいが)作業を行います。

累積温度100℃になるまで水につけます。

当方、現在3月下旬は、暗所で10℃ぐらいなので、10日間漬け込みます。

10℃×10日=100℃


■催芽の水つけ/手順

1.種籾(たねもみ)の準備

催芽(さいが)作業 催芽(さいが)作業

2.水槽に並べる

催芽(さいが)作業 催芽(さいが)作業 催芽(さいが)作業

3.水をかけます。

催芽(さいが)作業

4.ふたをして、温度を一定にする。

・酸欠防止のため、3日ぐらいで、水交換をします。

5.催芽機で芽だし。

累積温度100℃になったら吸水作業は完了なので、催芽機にいれて芽だしをします。

つづく。。


■種もみってどれくらい必要??!

催芽(さいが)作業

※ピンボケすいません。

簡単に言うと~・・・

一袋、4Kg

これで、10a分、約20箱作れます!!

・1ha作付けする人は、10袋(4kg×10=40kg)

・5ha作付けする人は、50袋(4kg×50=200kg)

・20ha作付けする人は、200袋(4kg×200=800kg)

ってことになります~

以上!!


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加