【寒締めほうれん草15】 出荷・栽培の反省2015

2015年度におけるちぢみほうれん草の出荷が終了しました。

初めてづくしで、ただただ、あわただしく時が過ぎ、気がつけば春の気配がする季節。。

反省と後悔が多く、自己採点をするならば、、

50点 ( ´Д` )””

悔しさの残る2015年のほうれん草栽培でした。。


1.自己採点の理由

IMG_6543

なぜに自己採点が50点かというと、、

出荷量が予想の半分しかなかったからなんです。。

一般的に10a→1000kgなので、

私の場合40a→4000kgの予想。

しかし実際は40a→2000kg弱。。

なぜこういう結果になったかは、心当たりがありすぎて、なるべくしてなった結果だとある意味納得しています。。(´△`)


2.おおいに反省すべき点

すべては播種作業が失敗の原因でした。。

(反省1)間引きなしの2~3粒播き

IMG_6520

間引きを行わなかったので極密植になり葉の形状・大きさが出荷規格にならないものが多数出た。。

2、3粒まきHS-300で播種しておいて、間引かないというお粗末さ、、播種がプロとして作物を作る人として最低なレベル。。

1粒まき播種機HS-801を導入し、間引きも行う

(反省2)播種が狭かった

IMG_3890 IMG_6425

播種間隔が条間15cm、株間12cmでかなりの密植栽培で1株毎の成長が阻害されました。

一番狭くても播種間隔は、条間20cm~、株間15cm~は必要

(反省3)播種時期

IMG_6031

規定期間、後半の播種により生育が遅く、出荷前半の収量が悪かった。

前作が遅延したからというのが理由だが、前作をあきらめて作業を急ぐべきだった。。

12月の暖冬により以後盛り返したが、ラッキーパンチみたいなもの。。

9月15~20日の播種は必須である。


3.寒締めほうれん草2015・総評

■土作り

(1)堆肥

【△】前作がシソで4t/10a投入したので、入れなかったが本来2t/10aは入れるべき

(2)施肥

【○】規定の化成120kg/10a、苦土150/10a投入、コストはかかったが、ほうれん草の葉の状態は良かった

■播種

(1)準備

【×】前作の出荷を粘ったため、雨続きの天候になり、以後の播種作業に影響がでた。。

(2)播種

【×】規模が大きい場合、播種機HS-300は1回の播種が2~3粒という点がダメ。

【×】播種間隔が狭すぎた

■管理

(1)除草

【○】アージランによる草抑制効果に効果あり

(2)防除

【○】土壌処理剤にカルホスを使用し、防除効果あり

(3)間引き

【×】めんどくさくてしなかったが、その後の収穫量に多大な影響あり

■収穫

(1)収穫

【△】播種時期に失敗したので11/20の出荷に間に合わず、スタートダッシュに失敗。

【×】播種間隔、間引きなしにより、刈取り作業が煩雑化

(2)調整出荷

【○】調整の効率化を日々改善し、出荷量が2人で日量10箱可能になった。


4.その他

ほんと悔しい思いをした、ほうれん草栽培でした。。

このまま終われないので、

来年2016年は、絶対に成功するぞ!!

今年の反省点から、成功が見えたので、面積を2倍以上の

40a → 1ha

にする予定です!!

以上!!


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加