【ケール.5】 栽培記録2014年から、2015年に気をつけること(;゚Д゚;)

IMG_0741 IMG_0740 IMG_1514 IMG_0747

資料を探っていたら、

2014年のケール栽培の反省資料が出てきたw

面白いからUPします((´∀`))


■ケール栽培記録2014年 まとめ

■作付けスケジュール(実績)

20150221-1100

■収量(実績)

<ジューシー:スウィート=1:2>

・面積:27a

・収量:6000kg

・10aあたりの収量:6000kg ÷ 27a = 2222kg

<キッチン>

・面積:0.5a

・収量:不明(※未出荷)

<サンバカーニバル>

・面積:0.5a

・収量:不明(※未出荷)


■ケール栽培で気をつけること/2015年

■全般

<肥料設計>

・圃場の状態を化学的にみるため、土壌分析を行う

<圃場>

・排水対策はすごく重要なので、溝堀(明渠)、弾丸暗渠を行う

<作付け時期>

・防除コストを抑えるため、真夏前(7月)までに収穫を終了するスケジュールを組む

<農法>

・片付け作業の簡略化のため、マルチなし栽培を試す

・日照りの際は、溝を使った、潅水を試す。

<品種>

・ジューシー、スウィートのみ栽培(比率 1:2)

■育苗

<播種>

・床土はぎゅうぎゅうづめにせず、適度につめる。

・セルトレイは50穴、72穴ではなく、128穴で攻める。

<育苗>

・ジューシーケールの育苗は潅水を控える。

・電熱線の苗床で促成栽培をする。

■耕起

<堆肥散布>

・牛糞堆肥の散布は確実に行う。

<溝堀>

・溝にゴミが無いよう、畦畔除草、堆肥・肥料散布、耕起の後に行う。

・圃場を広く使うため、溝は畦畔ぎりぎりに掘る

<定植>

・除草作業が発生するので、マルチは定植ぎりぎりにはる。

・古苗になると成長しないので、早めに植える

・水掛け作業の簡略のため、雨前の播種を心がける。(雨中でもOK)

・適期を逃さないため、労務費を惜しまない

■管理

<除草>

・畦畔(けいはん)除草は、1ヶ月に1度行う。

・圃場内除草は、1ヶ月に2回行う。

<防除>

・防除の間隔は、1週間に1回が望ましい

・アオムシ防除に関しては、トアローCT剤2000倍を基本とする

・アブラムシは対応できないので、無視する。

<追肥>

1ヶ月ごとに行う。

■収穫

<収穫>

早朝作業を基本とする。

<出荷>

受入量を事前に交渉する。


以上!! (制作時間:60分、文字数:約630文字)


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加