【赤シソ3】 昨年の反省からの改善点/栽培記録2014年から(´皿`)

IMG_0766 IMG_0778 IMG_0744

昨年、赤シソの写真です!

去年は初めてで、作業の要領が分からず大変でした~””


■赤シソ栽培記録2014年 まとめ

■作付けスケジュール(実績)

201503200716

■収量(実績)

<品種:赤ちりめん>

面積:25a

収量:1800kg

10aあたりの収量:720kg

作付け方法:3条千鳥植え(1畝135cm、うね間105cm)、株間45cm


■赤シソ栽培で気をつけること/2015年

■全般

<肥料設計>

・圃場の状態を化学的にみるため、土壌分析を行う

<圃場>

・排水対策はすごく重要なので、溝堀(明渠)、弾丸暗渠を行う

<作付け時期>

・霜がなくなる時期、5月中旬までの定植を目指す

<農法>

・片付け作業の簡略化のため、マルチなし栽培&直播を試す

・日照りの際は、溝を使った、潅水を試す。

・可能な限り、密植をする。

■育苗

<播種>

・セルトレイは50穴、72穴、128穴、200穴を試したが、128穴が一番効率が良い!

<育苗>

・育苗中は直射日光で水分の蒸発が激しいので、ビニールで弱い日陰の元育てる

・電熱線の苗床で促成栽培をする。

■耕起

<堆肥散布>

・牛糞堆肥の散布は確実に行う。

<溝堀>

・溝にゴミが無いよう、畦畔除草、堆肥・肥料散布、耕起の後に行う。

・圃場を広く使うため、溝は畦畔ぎりぎりに掘る

<定植>

・除草作業が発生するので、マルチは定植ぎりぎりにはる。

・水掛け作業の簡略のため、雨前の播種を心がける。(雨中でもOK)

・適期を逃さないため、労務費を惜しまない

■管理

<除草>

・畦畔(けいはん)除草は、1ヶ月に1度行う。

・圃場内除草は、1ヶ月に2回行う。

<防除>

・行わない

<追肥>

・薄く1ヶ月ごとに行う。

■収穫

<収穫>

・早朝作業を基本とする。

・9月なると劣化するので、8月中に完了できるようにする。

<出荷>

・受入量を事前に交渉する。

以上!!


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加