【確定申告】 個人事業主むけの簡単な説明②-3/具体例(既婚、給与所得なし)

20150221-1711-3

【確定申告】 個人事業主むけの簡単な説明②

でお話した、

パターン3 → 嫁(無職)、給与所得なし

の具体例をご説明します!!


■記述内容の条件

・既婚。嫁(無職)

・事業収入:300万円(事業所得:200万円)

・給与収入:0円

・医療費、生命保険、年金などは計上しない

・2014年(平成26年)の書式に記述


■申告書B/記入例(表)

201502211328-3-1

(イ)収入.事業.農業

事業収入なので300万を記入

(2)所得.事業.農業

経費を抜いた事業所得200万を記入

(9)所得.合計

所得の合計の、200万を記入

(21)配偶者控除

20150221-21

無職の嫁がいるので、38万を記入

(24)基礎控除

20150221-24

全てに人に適用されるので、38万を記入

(25)合計

所得から差し引かれる金額の合計、76万を記入

(26)課税される所得金額

(9)-(25)=126万を記入

(27)(26)に対する税額

20150221-27

124万 × 0.05 = 62000を記入

(38)差引所得税額

(27) – (28~37)= 62000を記入

(40)再差引所得税額

(38) – (39) = 62000を記入

(41)復興特別所得税額

(40) × 0.021 = 1302を記入

(42)所得税及び復興特別所得税の額

(40)+(41) = 63302を記入

(45)所得税及び・・・申告納税額

(42) – (43) – (44) = 63302を記入

(47)収める税額

100の位を切り捨てて、63300を記入


■申告書B/記入例(裏)

201502211328-3-2


■提出する書類

申告書B、収支内訳(農業所得用)

IMG_1300 IMG_1301

※添付書類台紙,医療費の明細書は必要ないっす

以上!! (制作時間:30分、文字数:約500文字)


スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加