新規就農までの闇2/研修生募集~☆(゚Д゚)

現在、日本国は、、

「新規就農者、応援します!!」

「来たれ、若人(わこうど)!!」

「日本の未来を頼みますよ!!」

的な、、政策を打ち出してます!!!(#゚Д゚)

それで、各市町村に「就農相談窓口」みたいなのを設置し、

新規就農者のフォローしています。。

が、、オレは相談しに行って、、闇を見ました・・。


1.相談に行く前

・作る作物は露地で、キャベツ春・秋の2回転でいこう・・。

・土地を借りたりするのは、どうすればいいんでろう??

・規模は、町内の知っている人が1haやっているんで、それぐらいかな・・。。

など、、たくさんの悩みを抱え、、誰にも相談できないし、、ネットの情報はばらばらで理解できないし。。

というとき、談窓口の存在を知り、こう思いました。

「就農相談窓口に行けば、就農までの道のりを詳しく教えてくれて、いろんな情報やアドバイスをくれるに違いない~」


 2.実際に相談行ったときの事

新規就農の相談窓口に行った俺、、2012年。

※要約バージョン。

オレ

「あの~、新規就農で、、ご相談させて頂きたいんですけど、、キャベツの露地栽培で1haぐらい考えてまして、、この計画書見て頂きたく思いまして、、お願いします!!」

担当者・市役所

計画書を見て・・

「・・・。・・・。・・・。ん~、、まーいいんですけど、、見込みがあまいですね。。」

オレ

「どのような感じで、、いけないんでしょうか・・!?」

担当者・市役所・登米市 担当者K氏

「売り上げ的なものが、、まず難しいですよね~、、。キャベツ農家のデータご覧下さい。」

※プリントアウトされた、キャベツ農家の売上表、、10a=10万の利益

担当者・市役所・登米市 担当者K氏

「1haで、100万円ですよね。。 ・・。 ・・厳しくないですか?、、生活!?」

オレ

「確かに・・・。じゃー、、2haやれば、年収¥200万ですよね。 それで計画立てます!」

担当者・市役所・登米市 担当者K氏

「ん~、、まあ、いいんじゃないですか。」

その後、いろいろアドバイスを求めるも、、

熱のこもってない言葉で、当たり前のようなことを言われ、

お帰りください状態。。(泣)


3.新規就農の窓口はクソ

新規就農の窓口は、ポンコツです。私はこう思いました。

1.ざっくりした計画では、相手にしてくれない。

2.というか、能動的に「こいう作物を作ったらどうですか?」など、アドバイスはくれない。

3.担当者はお役所の仕事なので、ロボットみたいな対応をしてくる。

私の予想(妄想)では、対応する担当者はきっと、相談しにきた人をこう思っている!!

「また、変なのきたよ~!!」

「めんどくせーなー!!」

 「んだよ、自民党! 余計な政策してんじゃねーよ。現場の仕事が増えるだけだろ~!!」

「キャベツ、1ha?! なめてんのか!?」


4.クソ窓口をうまく使う方法

知人に相談したところ、、

「コネがないと、塩対応だよ(笑)」

ということで、、

後日、知人のコネを使い「知り合いの若いもんが相談行くから、よろしく!」と電話をしてもらい、

再度相談しに行ったところ、、ホットな対応で相談に乗ってくれました。

皆さん!!

就農相談窓口に行くときは、市役所に通じている人のコネを使って、紹介されてから行きましょう!!

一元様は相手にされません~ヽ(゚Д゚)ノ

というか、、
農業はコネ社会です~
以上!!

スポンサーリンク
レクタングル336
レクタングル336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加